保湿クリームの選び方は?

30 3月
0Comments

夏はジリジリ、ジメジメ、冷える!?

夏の日差しはジリジリ暑いですよね。
しかも日本の夏はジメジメしているし、
ジリジリとジメジメで肌の調子もおかしくなりますよね。。。

夏のスキンケアはジリジリとジメジメ対策が必要です。
まずはジリジリ突き刺さる紫外線対策。
日焼けをさせてしまう強い紫外線は、紫外線Bになります。
肌が焼ける、一時的にやけどに近い状態になるので
できるだけ紫外線に当たらないのがいいですね。

海やプールに行く時は要注意です。

そして、紫外線Bも注意しないといけないけど
紫外線には紫外線Aという肌の奥底を傷つける紫外線も含まれているので
紫外線A、Bダブルの対策が必要になりますよ!

肌が表面も肌の内面もWで刺激を受けて、早くに何らかの対処をしないと
シワやシミが残る肌に。。。なんてことになりかねないです(>_<)

UVクリーム、サングラス、日傘、UVカット機能がある服などを使って
しっかりガードしましょう!

気をつける事が、紫外線カット力が大きいUVコスメは、
それだけ肌負担が大きくなりますので、紫外線を重視することで
逆に肌にダメージを与える結果につながることもあります。

UVカットの強さは生活シーンで適切な強さがあります。
カット力が一番強いものを使いたくなりますが、
一番強いものは炎天下使用になります。

生活シーンにあったUVコスメを使うことで、肌に負担をかけないことも大事ですね☆

暑くてジメジメ環境は、肌に吹き出物をつくる原因に。
夏もそうですが、梅雨のジメジメも肌に影響を与えます。

ジメジメしていて、気温が高いと汗が出やすいですよね。
皮脂ケアをしないと、毛穴に皮脂が詰まって吹き出物の原因になってしまします。
時には悪化してしまって、かゆみが出たり吹き出物の跡が肌に残ったりと
見た目にもよろしくない結果につながります。

でも皮脂の摂りすぎは肌にとってはいけないこと。
難しいですよね。
調子のいい肌は、水分と脂のバランスがいい肌のことをいいます。

皮脂を摂りすぎると、肌が乾燥したり刺激が受けやすい肌になってしまい
いつまでたっても調子の悪い肌状態になってしまうので
適度に皮脂を摂る事が大切です。
ニキビケア方法も参考にしてニキビをつくらないようにもしていきたいですよね。

まだあります(^_^;)
夏は暑いからエアコンをつかいますよね。
エアコンで室内の温度が下がって快適になりますが、体が冷える原因になります。
体の冷えは肌にもよくありません。血液循環が悪くなって、代謝が悪くなってしまいます。
直接エアコンの風が体に当たらないように気をつけましょう。

お肌のため、夏もスキンケア頑張りましょう!!

 
No comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment