保湿クリームの選び方は?

24 3月
0Comments

飛行機内の乾燥対策は?

一時期海外に住んでいた時があって1年に最低1回は日本に帰っていたんだけど
飛行機に乗ると必ず着いた頃には肌がガサガサ、シワシワでした。
友達の結婚式に呼ばれて日本に到着したときに鏡をみたら恐ろしいことになっていて、
家に帰ってパック三昧した記憶があります。

飛行機に乗っていた時間は約6時間。
ほとんど寝ていたけど、飛行機の中ってこんなにも乾燥するものなのかと
驚きです(・□・;)

次回乗るときはちゃんと肌対策をしたいので、飛んでいる飛行機の中ってどんな状態なのか、
ちゃんと調べてみました。

ANAは室内の気温は22から26°CでJALは24°C前後と書いてありました。
湿度はどちらも飛行機の飛んでいる時間がながいと機内の湿度は低くなると書いてあって
機内の湿度は20%以下になるそうです!

湿度が20%ってこれは肌にとってはやばいですよね(゚д゚lll)

普段生活している状況でも湿度が20%になることってあんまりないし、
わたしの肌がゴワゴワ・カサカサになるのは必然的って感じです(>_<)

肌にいいと言われている湿度は60%から65%
20%だと60%の約3分の1しかないですね。

湿度50%で乾燥が気になる人もチラホラ出てくるようなので
肌の乾燥と湿度の関係は深いですよー。

機内は砂漠地帯だと考えて対策が必要になるってことですよね。
加湿器が持ち込みOKならいいのにねー。

機内の乾燥対策は、一番簡単な方法がやっぱりマスクみたいです。
マスクをすれば顔半分は隠れるし、唇や喉も乾燥から保護できますもんね。
自分の息で少しですが潤いも確保できます。
マスクの中に湿らしたガーゼを入れておくだけで、保湿感はさらにUPされるようです。

化粧品持参でこまめに肌に潤いを与えるのもいいみたい。
化粧水や化粧水ミスト、保湿クリームなので乾燥を防げます。
でもこの場合、お化粧をしていたらなかなかできないですよね。
化粧水を受けから振りかけるのが一番いいのかな?

そしてこまめな水分補給。
体に優しいミネラルウォーターがいいみたい。
私のように機内に入ったらお酒☆ばかりなんてはNG。
ほどよく頂いて、あとは水分補給で。。。

普段から乾燥肌で悩んでいる人、飛行機は要注意ですよ!
必ずマスク持参で肌のを潤いを守りましょうね。
マスクは行きと帰りの2枚は最低必要ですね(^_^;)

 
No comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment